愛犬とずっと一緒に楽しく暮らすための豆知識
【今回のテーマ】フィラリア症

こんにちは。
いぬさぷりドクターです。
<愛犬とずっと一緒に楽しく暮らすための豆知識>
今回のテーマは「フィラリア症」です
いぬさぷりドクター

フィラリア症とは
蚊によって媒介された犬糸状虫(イヌフィラリア)が
犬の体内に入りこみ、
やがて成長したフィラリアが心臓や肺の動脈に住みつく
ことで、さまざまな形で犬の体調を悪化させる病気です。

初期
初期にはほとんど無症状であり、
何年もかけて病気が進行することも多いため、
予防や検査していなかった場合、
かなり進行した状態で気付くことになります。

病気の進行
病気が進行してくると、まず咳が出て、元気がなくなり、
散歩を嫌がったりするようになります。
やがて急激に痩せたり、腹水がたまったりするようになり、
最終的には死に至ります。
%e7%97%85%e6%b0%97%e3%81%ae%e3%82%8f%e3%82%93%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-2

フィラリア症は確実に防ぐことができる
フィラリア症は、定期的な投薬により確実に防ぐことのできる病気です。
内服薬によるフィラリア症の予防のポイントは、2つあります。
・1ヶ月ごとに確実に薬を飲ませる
・投薬の開始時期と終了時期を守る(投薬期間は地域により異なる)

薬を飲ませるタイミング
蚊の吸血によって犬の体内に入ったフィラリアの幼虫が成長し、
心臓や肺に移動するまで2ヶ月程度かかりますので、
この期間にフィラリアを殺す薬を飲ませることにより、
フィラリア症を防ぐことができます。
illust318

シーズンの最後の投薬が非常に大切
また10月中旬になると、もう蚊がほとんど見かけませんので
投薬を勝手にやめてしまう方もいますが、
夏の終わりに犬の体内に入ったフィラリアはまだ生きています。
つまり、シーズンの最後の投薬が非常に大切なのです。
最後の1回の投薬に失敗すると、
半年に及ぶ予防が無駄になってしまいます。

かかりつけの獣医師とよく相談して、確実にフィラリア症の予防をしましょう。
pet_doubutsu_byouin

記事の一覧へ戻る